新しいコピー機を使いたい

短い期間を設定しよう

最初にコピー機を購入すると、壊れるまでずっと使い続けなければいけません。
新しいモデルが登場しても簡単に買い替えることはできず、歯痒く感じるかもしれませんね。
リースなら期間が終わった時に新しいコピー機を選択して、再び契約を交わすことができます。
再契約時にコピー機を入れ替えれば常に最新のコピー機を使えるので、スムーズに仕事が進むでしょう。
最新のコピー機は機能が豊富で、見ていると欲しくなると思います。

このようにうまくリースを活用して、欲しいコピー機を導入してください。
そのためには、長すぎない期間を選択することがコツです。
期間が長いと、なかなかコピー機を新しいモデルに交換できません。
3年程度の短い期間を選択し、いろんなコピー機を試しましょう。

導入費用を経費にする

リースは全額を経費扱いにできる面もメリットです。
コピー機やオフィス用品を買った時は減価償却だけを損金として扱い、他の部分は経費になりません。
出費が必然的に多くなります。
リースにした方が費用を抑えられる上に、ランニングコストを管理しやすくなる面が嬉しいですね。
経費を抑えて、他のことにたくさん資金を使ってください。

毎月支払う金額が決まっているリースをする際は、法人用のクレジットカードを使うのがおすすめです。
クレジットカードであれば決済が自動で行われるので、支払いを忘れることはありません。
現在はポイントが付くクレジットカードが多く、お得に支払えます。
さっそくクレジットカード会社と契約をして、支払いの準備を整えてください。


PAGE TOP