コピー機やオフィス用品のリース契約に関して学ぼう

オペレーティングリースとは

余計な出費を抑えたい人向け

リースし終わった後に、価値が高いと判断されたコピー機やオフィス用品を借りることができるのがオペレーティングリースです。
自分はこの商品が良いと希望を伝えても、価値が低いと判断された場合は貸してもらえず、そこはデメリットになってしまいます。
試したいと思っていたものを短い期間だけリースできたり、契約期間が続いている状態でも解約ができたりする面は大きなメリットになるでしょう。
違約金が発生しないのでコピー機やオフィス用品が必要ないと感じたら、遠慮せずに解約してください。

会社でどのくらいコピー機やオフィス用品を使うのかわからない時は、ファイナンスリースにすると余計な費用が掛かるかもしれません。
そのような時には、オペレーティングリースを選びましょう。

所有権が一切移動しないリース

オペレーティングリースは、契約は終わった後も所有権が業者にあります。
自分の資産としてコピー機やオフィス用品を持つことができないものだと理解してください。
長くずっと使い続けたいのであれば、ファイナンスリースにすることをおすすめします。
このように契約が終わってからもコピー機やオフィス用品を使うのかという部分が、選択する際のポイントになります。

また所有権はいつまでも自分にものにならないので、コピー機やオフィス用品の保守や修繕義務は業者にあります。
管理の手間を省けるというのも、オペレーティングリースのメリットですね。
面倒なことを省きたい、手っ取り早くコピー機やオフィス用品を導入したい人に向いています。


PAGE TOP