コピー機やオフィス用品のリース契約に関して学ぼう

2つのリースの違いを理解しよう

期間が終了した後の話

自分で好きなコピー機やオフィス用品を選択した上でリースをしたいなら、ファイナンスリースを選択してください。
一般的に呼ばれるリースとは、このような仕組みのことを指していると覚えておきましょう。
ファイナンスリースを利用するなら、期間が終わった後に所有権がどうなるのか調べてください。
所有権移転ファイナンスリースを使っていた場合は名前の通り、期間が終わった後に所有権が業者から自分に移動し、自由に使えるようになります。

しかし所有権移転外ファイナンスリースだと、期間終了後も所有権は業者のものになってしまいます。
これまでと同じコピー機やオフィス用品をまだ使いたい場合は、再び契約を交わしたり買い取ったりするようにしてください。

途中で解約することはできない

気を付けたいのは、ファイナンスリースを契約したら期間が終わるまで解約ができないことです。
途中でコピー機やオフィス用品がいらないと感じても使い続けるしかありませんし、料金を支払わなければいけません。
どうしても解約したいなら、違約金を支払うことになります。
ただし違約金は、かなり高額に設定されています。

リースしているコピー機やオフィス用品の保守と、修繕義務は自分にあります。
仕事をしている時に壊れないよう、こまめにメンテナンスを行ってください。
特にコピー機はデリケートで、メンテナンスが必須です。
ちなみにリース料金には、コピー機やオフィス用品の本体価格、金利や固定資産税、さらに損害保険などが含まれています。


PAGE TOP