知っておきたいコピー機やオフィス用品のリース契約基礎知識

コピー機やオフィス用品のリース契約に関して学ぼう

ファイナンスリースについて

まず1つめのリースは、ファイナンスリースという種類です。
こちらは利用者が選んだものをリース会社が購入し、その後で貸し出すという仕組みです。
一般的にリースというと、この方法を指すというのを覚えておきましょう。
ファイナンスリースはさらに種類が分かれ、リースが終わった後に所有権が自分のものになる所有権移転ファイナンスリースと、所有権が変わらない所有権移転外ファイナンスリースがあります。
後者を利用していた場合に、まだコピー機やオフィス用品を使いたいなら、再び料金を支払って契約をしてください。

次は、オペレーティングリースという種類です。
こちらはリース期間が終わってから、中古としての価値があると見込まれているコピー機やオフィス用品だけを貸してもらえるリースのことを言います。
オペレーティングリースは、ファイナンスリースよりも借りる期間が短く、少しだけコピー機やオフィス用品を使いたい時におすすめです。

リースをした時は、最新のコピー機を選択できる面がメリットです。
購入してしまうと何回も買い替えるのが難しくなり、ずっと初期に買ったコピー機を使い続けなければいけません。
使っている間にどんどん新型のコピー機が登場するので、常に新しいコピー機を使いたいならリースをしましょう。
またリースの時に掛かった費用を、経費として扱える面もメリットと言われています。
リースは毎月一定の金額が発生するので、ランニングコストを一目で把握できますね。

2つのリースの違いを理解しよう

多くの人が使っているのは、ファイナンスリースです。 ファイナンスリースは2種類に分けられるので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。 使い終わってからコピー機やオフィス用品を自分のものにして使い続けたいなら、所有権移転ファイナンスリースがおすすめです。

オペレーティングリースとは

短い期間だけコピー機やオフィス用品を使いたい人は、オペレーティングリースがおすすめです。 こちらは、途中で解約できる面がメリットになります。 いつまでコピー機やオフィス用品を使うかわからない時に、オペレーティングリースを選ぶと費用が無駄になりません。

新しいコピー機を使いたい

家電でもあるコピー機は、最新モデルが登場しています。 最新モデルには豊富な機能が備わっており、仕事を円滑に進められるでしょう。 リースは、契約年数が終わると新しいコピー機を借りられる面がメリットです。 リースで常に、最新モデルのコピー機を活用しましょう。

PAGE TOP